酵素ドリンク人気トップ10
酵素ドリンク人気トップ10
ホーム > ダイエット > お腹いっぱいなのに食欲が止まらない時って

お腹いっぱいなのに食欲が止まらない時って

お腹はいっぱいで空いていないはずなのに、お菓子や料理に手が伸びてしまう、食欲が止まらない経験がある方は意外と多いのです。

食欲を自分でコントロールできていれば問題ないと思いますが、毎日その状態が続いているのなら、エモーショナルイーティングの可能性があります。

エモーショナルイーティングとは、最近はアメリカで認知されており、ストレス・寂しさ・不安・不満といった心理状態を、「食べること」によって解消しようとする行為のことを指します。

このエモーショナルイーティング・エモーショナルイーターは、過食症や拒食症のきっかけともなる行動と言われていて、専門家の多くは、その原因の大半はストレスと指摘しています。

ストレスが脳に悪影響を与えると、中枢神経が乱れます。そして食欲のコントロールが効かなくなるとムダな食欲が増え、常に「何か食べたい」と思うのです。

ストレスの影響でドーパミンは過剰分泌になりますが、セロトニンは分泌量が減ってしまいます。

このため満腹を感じなくなり、どんどん食べてしまうことに。

またセロトニンは、気持ちを穏やかにする働きがあるため、分泌量が減るとイライラし、過食にさらに拍車がかかります。

栄養不足でも過食気味になり得るかも?!

体が、必要としている栄養素が足りないと感じることで、「何か食べたい食欲」が収まらないこともあります。

食事でなく、お菓子ばかりたべても、満足感がないように、体が栄養を求めているのです。

食事は栄養バランス良く、食物繊維やたんぱく質など、意識して取り入れることが大事です。

事務職が痩せる方法